子供と英語学習をはじめよう!英語学習の始め方と注意点

皆さんは、フォニックスという言葉を聞いたことがあるでしょうか?

今回、皆さんにオススメしたい子供が小さいうちにはじめてほしい英語学習、それはフォニックスです。

フォニックスとは、アルファベットの組み合わせと音を結びつけて覚えることで、英語の読み書きにとても役に立つ学習です。

フォニックスについての詳細は、こちらをご覧ください。

お母さん

フォニックスが英語学習にいいって聞いたことはあるけど、どうやって教えたらいいの?
そもそも、小さな子供のうちに英語学習をはじめて大丈夫なの?

comame

我が家は、子供が2歳の時から英語の学校に行ってるよ。
我が家の経験談を元に今日は話すね!

今回の記事では、我が家の経験談を元に

  • 子供と英語学習をはじめたいけれど、何からはじめたらいいか分からない
  • フォニックス学習に興味はあるけれど、教え方が分からない
  • 小さな子供に英語学習をスタートさせて問題ないか知りたい

という疑問にお答えしていきたいと思います。

目次 [ 読みたい記事にジャンプ ]

子供が小さなうちから英語を学ばせてもいいの?

まずは、子供が小さなうちから英語を学ばせていいのか、という疑問にお答えします。

私は、子供が3歳と0歳の時にマレーシアに来ました。

そして、上の子は3歳の時からインターに通っています。

下の子に関しては、2歳前に英語の保育園に通いはじめました。

そんな私の考えは、

ルールを守れば、小さいうちから英語教育をはじめても問題ない!

です。

むしろ、小さなうちから英語学習をスタートさせることはメリットがたくさんある!

とさえ思っています。

小さなうちから英語に触れておくことは、発音や聞き取りの学習の点でとても大きなメリットがあると考えています。

小さなうちに英語学習をスタートさせるときのルールについて

私が考える、小さな子供達が英語学習をスタートさせるときのルールは次の通りです。

英語という言語が日本語とは別にあることを知ってた上で学習する

子供達は今、日本語の存在しか知らない状態だと思います。

そこにいきなり英語を入れ込んでしまうと、

やはり頭の中で日本語と英語がごちゃごちゃになってしまう可能性があります。

自分で英語と日本語と、どちらを話しているかわからなくなってしまってはせっかく勉強した英語を使いこなせず、もったいないですよね!

そこで、英語と日本語を分けて記憶していくことが、英語を学習していく上で大切になっていくと思います。

我が家の子供達の場合は?

我が子の場合で説明すると、彼らは家族や日本のお友達とは日本語、学校や、学校のお友達と話すときは英語、と使い分けをしています。

意図して、こうなったわけではないのですが、普段の環境が自然と日本語と英語を使い分けるようになってるのです。

多少日本語と英語が混ざることもありますが、日常会話では、問題ないレベルで日本語も英語も話すことができます。

ご家庭で、英語を学習する場合

ご家庭での場合だと、英語の勉強の時間を区切って、英語の勉強をするときは英語だけを使わせ、それが終わると日本語に戻す、などの工夫で、対処できると思います。

そして日本語の習得に関しては、普段日本語の学校に行っている限りは問題ないのではないかと考えています。

英語を学習が進んでいくうちに、普段の会話で、英語を話してしまう場合でも、本人が英語だと認識して話せるようになっていれば問題ないと思います。

要は、本人が英語を話していると認識することが大切だと思うのです。

フォニックスを学習する前に

アルファベットイメージ

まず、フォニックス学習をはじめる前にやってほしいこと。

それは、

アルファベットに親しむこと

です。

アルファベットに親しむということは、アルファベットを書けるようになることとは違います。

まずは、視覚的に識別できるようになってほしいのです。

まずは、これがアルファベット(a b c…)だよ、というところからスタートしましょう。

具体的な方法を以下にまとめます。

  • 粘土を使って、アルファベットを作る
  • アルファベットの塗り絵をする
  • 貼り絵でアルファベットを作る

これらは、実際に子供達がインターで学習してきた方法です。

このサイトでは、インターで実際に行っているアルファベットの学習法を元にオリジナルのプリントも作成しています。

すべて無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

アルファベット学習プリント

↑アルファベット学習プリントのダウンロードはこちらから

アルファベットを視覚的に認識できるようになったら、

アルファベットを書く練習とともにフォニックス学習をスタートさせていきましょう。

フォニックス学習で大切なこと

フォニックス学習で大切なことは次の通りです。

正しい発音を覚えること

これは私たち日本人には教えるのが難しくだからこそ、子供達には小さいうちから取り組んでほしいことなのです。

では、どうしたら正しい発音を覚えることができるのでしょう?

我が家では、YouTubeを活用しています。

YouTube内にはたくさんのフォニックス指導を専門としている先生がいます。

もちろん、小さな子供向けの先生もたくさんいます!

お気に入りの先生を見つけて、お子さんと一緒にフォニックスの勉強をしましょう!

さぁ、フォニックス学習をスタートしましょう!

アルファベットを認識できるようになったら

いよいよフォニックスの学習をスタートさせましょう!

英語にも日本語と同じく、母音(vowel)子音(consonant)が存在します。dog や cat などの簡単な英単語は cvcワードと呼び、

子音で母音をサンドイッチした形になっています。

そこで、まず、一文字で表される、母音(vowel)の学習からスタートしましょう。

メモ

1文字で表される母音(vowel)は、a e i o u のみ。
でも、日本語の「アイウエオ」とは発音が全く異なるので、注意が必要です。

ここで、活躍するのがYouTube!

今回は、こちらのJolly phonicsのフォニックスの歌をご紹介します。

この歌の中で、短い a e i o u の発音と、長い a e i o u の発音が出てきます。

単語によって、短い母音と、長い母音と使い分けされます。

ただ、cvcワードでは、短い母音しか使われません。

まずは、短い母音の音を覚えましょう!

このJolly phonicsの歌は、インターでもフォニックスの学習によく使われています。

動作とセットで音を覚えられるので、小さなお子様にとてもオススメです!

ぜひお子さんと一緒に動作を交えて歌って覚えてください!

これを覚えたら、いよいよcvcワードを使って子音のフォニックスの勉強がはじまります。

この先のcvcワードの学習方法については、こちら↓

こまめの日々は、おうち英語の楽しい学習時間を応援しています。

無料でダウンロードできる英語学習プリントを作成しています。ぜひご活用ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました^ ^

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

CAPTCHA


This site is protected by reCAPTCHA and the Google Privacy Policy and Terms of Service apply.

目次 [ 読みたい記事にジャンプ ]